ゲストスペースの利用料・ライセンス

ゲストユーザー・ゲストスペースについて

社外との情報共有を効率的+セキュアに実現

顧客・取引先・協力会社など、社外の人を「ゲストユーザー」として招待し「kintone」を利用することができます。
「ゲストユーザー」とのやりとりは、専用の「ゲストスペース」を利用します。
「ゲストユーザー」は、自分が招待された「ゲストスペース」内の情報のみを閲覧できる仕組みです。
社内の環境と分離することにより、社外秘の情報が漏れることなく安全に情報共有を行えます。

無し

ゲストユーザーの利用料

ゲストユーザーを契約するには、「kintone」自体のご契約が必須です。
また、ゲストユーザーのコース(ライト・スタンダード) 及び 契約区分(月額・年額)は、
「kintone」自体のご契約と同一にする必要があります。

「kintone」をライトコースでご契約の場合

月額 年額 ゲストユーザーは、最低 1 ユーザーからご契約いただけます。
※すべて税抜価格
580円/ 1ユーザー
6,820円/ 1ユーザー

「kintone」をスタンダードコースでご契約の場合

月額 年額 ゲストユーザーは、最低 1 ユーザーからご契約いただけます。
※すべて税抜価格
1,200円/ 1ユーザー
14,110円/ 1ユーザー

※2014年4月12日までに「kintone」を購入されたお客様は、適用される価格が異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

よくあるご質問

ゲストユーザーのご契約について、お客様からのお問い合わせが多い項目をまとめました。

お試し

ゲストユーザーには、無料試用期間はありますか?

ゲストユーザーが初めてログインした日から30日間は、無料試用期間となります。
30日経過後は、ゲストユーザーライセンスの購入が必要です。(自動的には課金されません)

ゲストユーザーの無料試用期間終了後、継続して利用するにはどうしたらいいですか?
また、試用期限や契約状況を確認する方法はありますか?

無料試用期間終了後もご利用される場合には、
継続利用するゲストユーザーの数だけライセンスを購入いただく必要があります。
価格は、このページの「ゲストユーザーの利用料」をご覧ください。

ゲストユーザーの発注方法

利用を続けないゲストユーザーについては、試用期間内に削除していただくようお願いいたします。
「kintone システム管理」画面の「ゲストユーザー管理」から、
ゲストユーザーのライセンスご購入・各ゲストユーザーの試用期限や契約状況の確認が可能です。

ご契約

ゲストユーザーのみ契約することはできますか?

ゲストユーザーを契約するには、「kintone」自体のご契約が必須です。
「kintone」の価格については、こちらをご覧ください。

コース(ライト・スタンダード) や契約区分(月額・年額)を、
「kintone」ユーザーとゲストユーザーで別々に設定することはできますか?

コースや契約区分は、「kintone」ユーザーとゲストユーザーで同一にする必要があります。

「ユーザー数 × 5GB」分のディスク容量は、ゲストユーザーにも付与されますか?

ゲストユーザーには、ディスク容量は付与されません。

「kintone」ユーザーとゲストユーザーを、異なる販売店から購入することはできますか?
また、一方を販売店から、もう一方を「サイボウズドットコム ストア」から購入することはできますか?

「kintone」ユーザーとゲストユーザーを月額でご契約の場合

同一の販売店(もしくは「サイボウズドットコム ストア」)から購入いただく必要があります。

「kintone」ユーザーとゲストユーザーを年額でご契約の場合

異なる販売店からのご購入や、販売店と「サイボウズドットコム ストア」を併用してのご購入も可能です。

(年額でご契約の場合)「kintone」ユーザーの購入後にゲストユーザーを購入したら、
契約終了日はどうなりますか?

後から購入したゲストユーザーの契約終了日は、
自動的に「kintone」ユーザーの契約終了日と同じ日に設定されます。
この場合、ゲストユーザー数分の月額料金を残り月数分購入いただきます。
(残り月数は、1ヶ月未満を切り捨てて計算します)

※「kintone」のご契約期間が残り1ヶ月未満のときは、ゲストユーザーを購入いただくことはできません。

契約の変更・解約

契約中のゲストユーザーの数を増やす・減らすにはどうしたらいいですか?
また、そのとき請求される料金はどうなりますか?

サイボウズドットコム ストアまたはサイボウズオフィシャルパートナーにて、
ゲストユーザー数の追加・減数をお申し込みいただけます。

月額でご契約中の場合

ゲストユーザー数の追加・減数どちらの場合も、
変更をお申し込みいただいた翌月分から変更後の料金が適用されます。

追加する方法

減数する方法

年額でご契約中の場合

ゲストユーザー数を追加する場合は、追加するゲストユーザー数分の月額料金を残り月数分購入いただきます。
(残り月数は、1ヶ月未満を切り捨てて計算します)

追加する方法

ゲストユーザー数の減数は、年額契約期間途中にはできません。
次年度分のご契約更新のタイミングで、ゲストユーザー数を減らしてのご発注が可能です。

契約を更新する方法

ゲストユーザーを契約中ですが、「kintone」自体を解約したいです。注意点は?

「kintone」自体を解約すると、ゲストユーザーも同時に解約されます。
また、社内環境だけでなくゲストスペース内のデータも閲覧できなくなります。
解約される際は十分ご注意ください。

ゲストユーザー契約時の「kintone」解約方法

その他

他社のゲストスペースに招待されましたが、自社でも「kintone」を契約しています。
お得に利用できる方法はありますか?

「kintone」を契約中のユーザー(Aさん)が別ドメイン(B.cybozu.com)のゲストスペースに
ゲストとして招待された場合、アカウント共通化を行うことができます。

Aさんがアカウント共通化を行うと、
A.cybozu.com から B.cybozu.com へのシングルサインオンが可能になります。

Aさんは、A.cybozu.com のトップページ・ヘッダーから B.cybozu.com 内の
招待されたゲストスペースの通知件数を確認
できます。

B.cybozu.com では、Aさん分のゲストユーザー利用料が無料になります。

※実際に請求に反映させるためには月額の場合、減数発注が必要です。
※既に年額サービスにて該当ユーザー分の請求確定済みの場合、ゲストユーザー分が無料化しても返金はいたしません。

※アカウント共通化を行った後に自社の「kintone」を解約すると、共通化を行ったゲストユーザーとしてもログインできなくなります。ゲストユーザーとしてログインしたい場合には、招待されていた「kintone」のユーザーから再招待を受ける必要があります。ただし、再招待されると新規のゲストユーザーとして登録されるため、以前のユーザー情報は引き継げません。

アカウント共通化の設定方法

Pagetop